レイキヒーリング

私達の手からは気のエネルギーが出ています。日本語で治療のことを”手当する”といいます。痛い部分がある時には、自然とその部分に手を当てています。これは潜在意識が私たちの手に、癒しの力があることがわかっているからかもしれません。

the nature

レイキの気は生まれつき備わっているものです。しかし現代の私たちはレイキの流れに滞りがあり、そのままでは実用的に使うことが難しい状態になっています。アチ ューメントという伝授を受けることで回路を活性化し使える状態に整えます。レイキの流れる回路を改善し使える状態に整えることができます。この流れが整うと、特別な事をしなくてもリラックスすることで自然とレイキが流れます。   気の流れが滞ると、凝り・疲労・体調不良などにつながります。そんな時にレイキヒーリングをすることで症状がが和らいできます。またレイキヒーリングは精神面にも作用します。ストレス・などで疲れ切っている時、落ち込みやすい時や不安になりやすい時などにもお勧めです。   気功との違いを聞かれることがありますが、気功は行う人が気を生み出しその気を使います。レイキは私達が作り出すものではなく、自然にある気を使っているのです。ですから、レイキヒーリングは特別な修行はいりません。誰でも使えることができ、ヒーリングをすることで自身のエネルギーが枯渇してしまうことはありません。   レイキは元は霊気と書き、の本の伝統療法の一つでありました。臼井甕男(うすいみかお)氏により発見され、戦前の日本では「臼井霊気」として普及されていきました。戦後のGHQの代替え療法禁止政策などの影響もあり、霊気療法は急速に廃れていったようです。現在レイキと呼ばれるものは、日米開戦前に海軍大佐・林忠次郎氏によりハワイに伝えられた霊気が、西洋式レイキとしてアメリカで広く普及し逆輸入の形で日本に入ってきたものです。今日レイキはアメリカのみならず、多くの国で普及しています。

☆レイキヒーリング セッション

レイキヒーリング講座

レイキヒーリングの発展型 『IMARA REIKI』

レイキヒーリング練習会・体験会

ページ上部へ戻る